次世代ニュートリノ科学連携研究機構が発足

2017年10月1日,大学院理学系研究科と宇宙線研究所,カブリ数物連携宇宙研究機構の3つの部局が協力し,将来のニュートリノ研究の基幹設備となるハイパーカミオカンデ計画の推進を目的として,「次世代ニュートリノ科学連携研究機構」(NNSO)が創設されました。
理学系研究科からは,当研究室の横山将志 准教授(写真),相原博昭 教授,岩本康之介 研究員が参加しています。

T2K実験,ニュートリノの「CP対称性の破れ」に迫る

本研究室の横山准教授らが参加するT2K実験では,J-PARC加速器で人工的に作り出したニュートリノビームを295km離れたスーパーカミオカンデで観測し,ニュートリノ振動の研究を行っています。

2016年10月~2017年4月に取得したデータを加え,2016年夏の結果公表からニュートリノビームのデータ量を約2倍に増やして世界最高感度の測定を行った結果,ニュートリノにおいてCP対称性が破れている可能性はさらに高まり,95%となったことを公表しました。

T2K実験では,今後もデータ収集を続けるとともに,ニュートリノビームを生成するビームラインや前置検出器のアップグレードを行い,系統誤差を削減して精度の良い測定を行い,CP非対称性の破れに迫っていきます。本研究室では横山准教授が前置ニュートリノ検出器のアップグレードプロジェクトのリーダーをつとめるほか,大学院生もT2K実験で重要な役割を果たしています。

日本物理学会

3月17-20日に大阪大学で開かれた日本物理学会第72回年次大会で,小瀬,Mora,Wan,田村,細見,竹馬,古賀 が講演を行いました。