超新星ニュートリノ観測30周年を記念して研究会・祝賀会を開催

日本のカミオカンデ実験や米国のIMB実験により超新星1987Aからのニュートリノが観測されてから,今月で30年になります。理論的・実験/観測的な研究の現状と,現在計画されているハイパーカミオカンデでの可能性を議論するための研究会を,2017年2月12-13日に小柴ホールで開催しました。100名以上の参加者(約半数は国外から)があり,活発な議論が行われました。

また,12日夜には超新星ニュートリノ観測30周年を記念した祝賀会が行われ,カミオカンデ実験・IMB実験それぞれのメンバーから,当時の思い出や貴重な資料などが披露されました。

研究会の情報や発表ファイルは以下のページで見ることができます。
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/indico/conferenceDisplay.py?ovw=True&confId=2935

研究会参加者の集合写真

 

T2K実験,前置ニュートリノ検出器アップグレード計画始動

2017年2月,T2K国際共同研究グループは,前置ニュートリノ検出器をアップグレードするプロジェクトを開始しました。T2K実験では現在ニュートリノセクターにおけるCP対称性の破れの兆候をつかみ始めており,今後データ収集を続けるとともに系統誤差を削減して測定精度の向上を目指します。系統誤差の要因の一つである,ニュートリノが検出器内でどのような反応を起こすかに関する不定性を減らすため,J-PARC施設内に設置された前置検出器をアップグレードすることを決めました。現在は概念設計の段階ですが,2017年内に技術設計を進め,提案書をまとめる予定です。今後予定されているJ-PARCメインリングのビーム強度の向上を最大限に生かせるよう,2020年ごろのインストールを目標にしています。

本研究室の横山将志 准教授は,2013年から前置検出器のアップグレードに関する議論を主導してきました。今後も副プロジェクトリーダーとして,プロジェクトリーダーであるサクレー研究所(フランス)のMarco Zito博士とともにプロジェクトを主導していきます。

http://t2k-experiment.org/ja/2017/02/t2k-near-detector-upgrade/