超新星ニュートリノ観測30周年を記念して研究会・祝賀会を開催

日本のカミオカンデ実験や米国のIMB実験により超新星1987Aからのニュートリノが観測されてから,今月で30年になります。理論的・実験/観測的な研究の現状と,現在計画されているハイパーカミオカンデでの可能性を議論するための研究会を,2017年2月12-13日に小柴ホールで開催しました。100名以上の参加者(約半数は国外から)があり,活発な議論が行われました。

また,12日夜には超新星ニュートリノ観測30周年を記念した祝賀会が行われ,カミオカンデ実験・IMB実験それぞれのメンバーから,当時の思い出や貴重な資料などが披露されました。

研究会の情報や発表ファイルは以下のページで見ることができます。
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/indico/conferenceDisplay.py?ovw=True&confId=2935

研究会参加者の集合写真