学会発表

以前の情報

2015年度 / 2016年度

2017年度

国際会議(招待講演)

  • Junya Sasaki, “Study of five-body leptonic decays at Belle,” mini-Workshops on Tau lepton Physics, Cinvestav, Mexico, May 22–23, 2017.
  • Masashi Yokoyama, “T2K ND280 Upgrade,” 11th International Workshop on Neutrino-Nucleus Scattering in the Few-GeV Region (NuINT17), Toronto, Canada, June 25–30, 2017.
  • Masashi Yokoyama, “Hyper-Kamiokande,” 18th Lomonosov Conference, Moscow State University, August 24–30, 2017.
  • Konosuke Iwamoto, “Neutrino Oscillation Experi- ments and Recent Results from T2K,” KEK The- ory Meeting on Particle Physics Phenomenology (KEK-PH2018), KEK, February 13–16, 2018.
  • Hiroaki Aihara, “Japanese HEP community dis- cussion on the 250 GeV ILC,” American Workshop on Linear Colliders 2017, June 28, 2017, SLAC

国際会議(口頭講演)

  • Junya Sasaki, “Study of the Lorentz structure of tau decays at Belle,” Particles and Nuclei Interna- tional Conference 2017, Beijing, China, September 1–5, 2017.
  • Yoshiyuki Onuki, “Low background radiation SOI pixel detector for Solar Axion search experiment,” 11th International “Hiroshima” Symposium on the Development and Application of Semicon- ductor Tracking Detector(HSTD11) in conjunc- tion with 2nd Workshop on SOI Pixel Detec- tor(SOIPIX2017), OIST, December 10–15, 2017.
  • Johnny Alejandro Mora Grimaldo, “Signal Clus- tering and Particle Tracking Using a Single Event- Driven SOI Pixel Detector for Axion Search Ex- periment,” ibid.
  • Hiroko Niikura, “Tightest bounds on PBH abun- dance with HSC observation of M31,” 22nd Inter- national Microlensing Conference, 24–28 January, 2018, Auckland, New Zealand.

国際会議(ポスター発表)

  • Riku Tamura, “Development of a neutrino detec- tor and electronics for precise measurement of neu- trino cross-section ratios,” 2017 IEEE Nuclear Sci- ence Symposium and Medical Imaging Conference, Atlanta USA, October 21–28, 2017.

国内会議(口頭講演)

  • 相原博昭,「ILC計画とその科学的意義」,2017年秋季 応用物理学会学術講演会・放射線分科会企画シンポジウム 2017 年 9 月 6 日
  • 小貫良行, 「Belle II での CPV の物理」, Flavor Physics Workshop 2017, 神奈川県三浦市, 2017 年 10 月 30 日–11 月 2 日
  • 古賀太一朗, “T2K progresses,” 新学術領域「ニュー トリノフロンティアの融合と進化」研究会, 滋賀県大 津市, 2017年12月11日–13日
  • 小貫良行, 「素粒子物理実験における低 BG 半導体検 出器開発」, 電気学会ミニシンポジウム「低レベル放 射線(能)測定に関する技術調査専門委員会シンポジ ウム」, 東京大学, 2017年11月1日
  • 小貫良行, 「SOI ピクセル検出器 XRPIX を用いた太 陽アクシオン及び軽い暗黒物質探索実験の開発状況」, 日本物理学会 2017 年秋季大会, 宇都宮大学, 2017 年 9月12日–15日.
  • 小瀬 樹,「SOI ピクセル検出器を用いた太陽アクシオ ン探索に向けた予備実験の状況報告」, 同上
  • 佐々木淳弥, 「Belle 実験におけるタウ粒子の 5 体レ プトン化崩壊過程研究」, 同上.
  • 横山将志, 「T2K 前置検出器 アップグレード計画の 概要」, 同上.
  • 岩本康之介,「T2K ND280 前置ニュートリノ検出器 のアップグレードに向けた電子ニュートリノ事象選択 解析の現状」, 同上.
  • 田村 陸, 「多チャンネルの MPPC の制御読み取りに 向けた SPIROC2D を用いたエレクトロニクスの開 発状況及び性能評価試験」, 同上.
  • 新倉広子,「アンドロメダ銀河領域における重力マイ クロレンズ効果による宇宙ひもの探査」,第 6 回観測 的宇宙論ワークショップ, 弘前大学, 2017 年 10 月 23 日–26 日.
  • 岩本康之介,「T2K 第二フェーズに向けた ND280 前 置検出器アップグレードの概要」, 第 24 回 素粒子 物理国際研究センターシンポジウム, 長野県白馬村, 2018 年 2 月 18 日–21 日.
  • 横山将志, 「加速器ニュートリノ振動実験の現状と展 望」, 同上
  • 藤田亮, 「T2K 前置検出器アップグレードのための キューブ積層型プラスチックシンチレータ検出器の性 能測定」, 第 72 回 日本物理学会年次大会, 東京理科 大学, 2018 年 3 月 22–25 日.
  • 岩本康之介,「T2K ND280 前置検出器のアップグレー ドに向けた電子ニュートリノ事象選択における光子 由来の背景事象抑制, 同上.
  • 竹馬匠泰,「J-PARCT59実験:新検出器WAGASCI における反ニュートリノビーム測定の現状」, 同上.
  • 古賀太一朗, 「Off-axis 角が異なる 2 つの T2K 前置 検出器を用いたニュートリノ-原子核反応の測定と比 較」, 同上.

国内会議(ポスター発表)

  • 新倉広子,「アンドロメダ銀河領域でのかんむり座 R 型変光星の観測」,日本天文学会秋季大会, 北海道大 学, 2017年9月11日–13日.
  • 藤田亮, “Light yield measurement and microscopic observation of scintillator cube for Super-FGD,” 新 学術領域「ニュートリノフロンティアの融合と進化」 研究会 2017 年 12 月 11 日-13 日 滋賀県大津市
  • 岩本康之介, “Electron-Photon Separation in T2K ND280 Upgrade Target,” 同上.