ニュートリノ実験

当研究室では,以下のような研究を行っています。

だんだんと説明を充実させていく予定です。
横山准教授のページもご覧下さい。

T2K長基線ニュートリノ振動実験

茨城県東海村のJ-PARC陽子加速器で生成したニュートリノビームを,295km離れたスーパーカミオカンデで観測し,その間に起こるニュートリノ振動を観測することで謎めいたニュートリノの性質の背後にある物理に迫ろうとしています。

  • INGRID検出器
    • ニュートリノビームの安定性をモニターする,重要な測定装置です。当研究室の大学院生が主力となって実験期間中の運用を行っています。
  • WAGASCI検出器
    • 当研究室の大学院生が中心となって設計・開発してきた検出器です。ニュートリノの反応に関する新たなデータを得て,ニュートリノ振動の測定に関する系統誤差を削減することを目指します。
  • 前置検出器アップグレード
    • J-PARC敷地内に設置した,振動前のニュートリノの性質を測定するための前置検出器を,これまでにT2K実験で得られた経験を元にさらに高性能な検出器にアップグレードする計画を進めています。
  • ニュートリノ反応の研究
  • ニュートリノ振動の精密測定

スーパーカミオカンデ実験

  • 新しい事象再構成プログラムを使った陽子崩壊の探索を進めています。

ハイパーカミオカンデ計画

素粒子や宇宙の研究をさらに進めるため,スーパーカミオカンデよりもさらに一桁大きい水チェレンコフ検出器を建設する計画を提案しています。

  • ニュートリノ振動におけるCP非対称性の測定
  • 陽子崩壊の発見へ
  • 新型光検出器の開発