大学院志望者向け J-PARC 加速器・実験施設見学ツアー 2018

主に,東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻での素粒子原子核実験・加速器分野(A2サブコース)での研究に興味がある学部生を対象に,世界最高クラスの強度を持つ陽子加速器施設J-PARCの見学会を開催します。

参加登録はこちらから

申込は締め切りました。

詳細については今後変更されることもあります。随時このページで情報をアップデートしていきますので確認してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

質問等あれば,横山までお気軽にお問い合わせください。(メールアドレスはこのページの一番下を見てください)

  • 日付:2018年6月16日(土)
  • 時間:8:45集合,9:00出発。20:30頃 東大で解散の予定(交通事情等により前後する場合があります)
  • 集合:東京大学「東大構内」バス停周辺。(生協第2食堂前)
    • バスでJ-PARC(茨城県東海村)に向かい,見学後また東京に戻ります。
    • 昼食(無料)はこちらで準備します。
    • J-PARC付近で合流・解散したい場合などは,別途ご連絡ください。
  • 内容:J-PARCの概要説明に続いて,以下の実験・施設の説明と見学を行います。また,現地で研究を行っている大学院生や研究者との懇談も予定しています。
    • ニュートリノ実験(J-PARCから295km離れたスーパーカミオカンデにニュートリノビームを打ち込んでいるT2K実験前置ニュートリノ検出器を間近で見学)
    • ハドロン実験(実験期間中のため実験施設には入れませんが,データ収集中の制御室や研究者の様子を見ながら解説)
    • ミューオン実験世界初のミューオン加速器や,ミューオンの異常磁気モーメント(g-2)の精密測定実験を準備中のMLF実験施設の見学)
    • 加速器 中央制御室(世界一強度の高い陽子ビームを作り出す加速器の説明と制御室の見学)
  • 参加登録:J-PARCへの入構手続きのため,事前の参加登録が必要です
    • 今年度の登録は締め切りました。
    • 予定が変わり参加できなくなった場合などは,必ず,速やかに横山までメールで連絡をください。
  • 注意:J-PARC構内への入構にあたり,当日は免許証・パスポート等,写真付きの公的な身分証明書が必要となります。

東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻では,以下の教員がJ-PARCで素粒子・原子核・加速器分野(A2サブコース)の研究を行っています。

 

 

 

問い合わせ先:横山将志 masashi (at) phys.s.u-tokyo.ac.jp