相原・横山研でおこなっている実験・観測

当研究室では,以下のような研究を推進しています。

電子-陽電子衝突型加速器による実験

  • 高エネルギー加速器研究機構(KEK)のBファクトリー加速器を使った実験(Belle実験)およびその高度化(Belle II実験

大型水チェレンコフ検出器を用いた実験・観測

  • スーパーカミオカンデ検出器でのニュートリノおよび核子崩壊の研究
  • 茨城県東海村のJ-PARC加速器とスーパーカミオカンデ検出器を使った長基線ニュートリノ振動実験(T2K実験),およびそのアップグレード計画
  • 次世代大型水チェレンコフ検出器(ハイパーカミオカンデ)の準備研究

超広視野・大深度望遠鏡による観測

  • ハワイ・マウナケア山頂にあるすばる望遠鏡に搭載した超広視野CCDカメラ(Hyper Suprime-Cam, HSC)による観測的宇宙論・ダークエネルギーの研究

将来の実験に向けた開発研究

  • 半導体検出器を用いたアクシオン探索実験の実現可能性の研究
  • 新型光検出器(大口径PMT・MPPC)の開発

世界最先端の実験設備を駆使して,素粒子や宇宙の謎を実験的に解き明かすことが,当研究室の目標です。

もう少し詳しい研究内容については,以下のページをご覧ください。

また,関連研究室に関する情報はこちらにあります。

参考資料:2年生向け進学案内の資料 (PDF)